腸内環境の改善

傷ついた腸を治すための3つのステップをお伝えします。

 

Step1.腸内に蓄積した宿便を取り除く
Step2.腸内の炎症をおさえる
Step3.善玉菌を増やす

 

上記のステップで腸内環境を整えて行きます。

 

まず、初めにしなければならないことは腸内の宿便を取り除くということです。

 

 

Step1.腸内の宿便を取り除く

 

 腸内には長年蓄積してきた宿便と呼ばれるタール状の黒い腐敗便がこびり付いています。
 この宿便を取り除く必要があります。

 

 この宿便を取り去るのに効果的なのが、「食物繊維の長期摂取」です。

 

 食物繊維は便のかさを増しながら便を押し出す働きがあります。
 宿便がとれて腸が綺麗になってくると便の色が変わるので分かります。
 黒っぽい便が、黄色い便に変化します。

 

 また、便の大きさは太くて長くなってきます。
 このような便が出だしたら宿便がとれている目安です。

 

 食物繊維の多い食材は、

 

 ひじき、さつまいも、インゲン豆、おから、ごぼう、タケノコ、ほうれん草
 切り干し大根、こんにゃく等の殆どの野菜、海藻、キノコ

 

 これらの食材を積極的に摂取しましょう。

 

 次に傷ついた腸の炎症をおさえます。

 

 

Step2.腸内の炎症をおさえる

 

 腸内の炎症をおさえるのに効果的なのが抗炎症作用があると言われている「αリノレン酸」です。
 αリノレン酸は体内で作り出すことができないため、外部から摂取する必要があります。

 

 αリノレン酸はオメガ3系と呼ばれる青魚、アマニ油、シソ油などに含まれています。
 また、αリノレン酸は体内でEPAやDHAに変化して、アレルギー症状をおさえる働きがあるとも言われています。

 

 αリノレン酸を含む、下記の食材を積極的に摂取するようにしましょう。

 

 アジ、イワシ、サバ、アマニ油、シソ油、クルミ、葉物、海藻、根菜等

 

 次に大切なことは腸内の善玉菌を増やすということです。

 

 

Step3.善玉菌を増やす

 

 私達の腸内には多くの最近が住んでいます。
 300種類100兆個でその重さはなんと1kgと言われています。

 

 善玉菌を増やし腸を整えていくことは免疫力の強化に繋がります。

 

 善玉菌を増やすには、乳酸菌やビフィズス菌、オリゴ糖が良いとされています。
 特にオリゴ糖は善玉菌の餌になるので積極的に摂取すると良いです。

 

 乳酸菌といえば、思いつくのはヨーグルトだと思います。

 

 しかし、アトピーの人にヨーグルトはおすすめできません。
 なぜなら、ヨーグルトに含まれる乳酸菌は胃酸により多くが死滅して殆ど腸に届かないと
 言われていますし、ヨーグルトに含まれるカゼインという物質はアレルゲンにもなるからです。

 

 オリゴ糖を含む食材
 ごぼう、味噌、蜂蜜、玉ねぎ、アスパラガス等

 

 

上記の3つのステップが腸内環境を整えるうえで重要となります。

 

それでは次に、具体的な食事法にお伝えしたいと思います。

 

第3ヶ条:アトピーと正しい食事法 → こちらから

 

アトピーの治し方について私の考え方を記載した無料レポートとメルガマを発行しています。
以下より無料でご覧頂けます。↓こちらを今すぐクリック↓

無料レポートとメルガマはこちら








トップページ 治療の7ヶ条 失敗しないサプリ選び メルマガ登録はこちら 運営者のプロフィール お問い合わせ