ビオチン

ビタミンCに次いで、重要なビタミンとして「ビオチン」(ビタミンH)があります。

 

 

ビオチンは 肌のビタミン と言われ、アトピーには非常に重要な働きをします。

 

 

1.皮膚の細胞下にある毛細血管を拡張させる。

 

2.血流の改善

 

3.表皮細胞に栄養素と酸素を渡し、老廃物を排泄させる

 

 

上記の働きにより皮膚の新陳代謝が正常化されます。

 

 

ビオチン(ビタミンH)の効果をより上げる方法としては
腸内環境を整えてあげることが大切です。
なぜなら、腸内環境が整っていれば、腸内細菌がビオチンを作り出してくれるからです。

 

腸内環境の整え方は前のコラムでお伝えしておりますのでそちらをご覧ください。

 

 

<ビオチンを摂取する上で注意点>
 ビオチンは、他のビタミンB群と一緒に摂取しなければ、体内で上手く機能しないということです。

 

 基本的には食事から摂取するのが一番ですが、アトピーの人はより多く摂取するほうが良いため、
 ビタミンB群等が含まれたサプリメントを使うのも良いでしょう。

 

インターネット上ではアトピーにはビオチン療法が効果的であったなどの記事も見受けられますが、
それだけでアトピーが治るといった単純な問題ではないことは、ここまでお伝えした内容からも
ご理解して頂けるかと思います。

 

ちなみにビオチンが含まれる食品は、

 

・イワシ
・チーズ
・レバー
・ピーナッツ
・卵
・クルミ
・きな粉
・豆類
・緑黄色野菜
・玄米
・きのこ類

 

イワシ、チーズ、レバー、卵はアレルギー反応を示す人が多いので避けたほうが良いでしょう。

 

 

 

ここまでに、ビタミンCやビオチン(ビタミンH)について詳しく解説しましたが、
それ以外のビタミンもアトピーに非常に重要です。参考までに以下に明記します。

 

・ビタミンB2不足
 肌の乾燥につながる

 

・ビタミンB3不足
 赤みやかゆみの原因となる

 

・ビタミンB5不足
 有害物質の解毒ができなくなる
 炎症をおさえることができなくなる

 

・ビタミンB6不足
 肌に潤いがなくなる
 赤ら顔になる

 

・ビタミンB12不足
 炎症を悪化させる

 

・ビタミンD3不足
 皮膚の赤みや皮剥け

 

 

次に非常に重要な栄養素であるミネラル(特に亜鉛)について解説いたします。

 

第7ヶ条:アトピーとミネラル(亜鉛) → こちらから

 

アトピーの治し方について私の考え方を記載した無料レポートとメルガマを発行しています。
以下より無料でご覧頂けます。↓こちらを今すぐクリック↓

無料レポートとメルガマはこちら








トップページ 治療の7ヶ条 失敗しないサプリ選び メルマガ登録はこちら 運営者のプロフィール お問い合わせ