アトピー性皮膚炎をビタミン・ミネラルで治す  アトピーの原因とステロイドに頼らない治療法、食事改善など

油の害

アトピーの人の油の害については、「皮膚を傷つける活性酸素とは」で少し触れました。
油を使って揚げた揚げ物は、酸化した食べ物であり、体を酸化し細胞を傷つけることになります。

 

ここでは、もう一歩詳しく解説したいと思います。
知識が増えることで、実践する理由が明確になり、行動に繋がります。
「油はアトピーに良くない」とお伝えしても、納得する理由が自分の中になければ行動には移せません。
「知る」ということはとても重要なことであると思います。

 

それでは、早速ですが、アトピーへの油の害について説明していきます。

 

アトピーを治すうえで「油をやめる」ことは非常に有効です。

 

揚げ物を控えるとともに、ポテトチップスやハンバーガー等のジャンクフードと呼ばれるものは美味しいですが、アトピーには良くありません。

 

少なくとも炎症が出ていたり、かゆみが酷い期間は控えるようにしましょう。

 

まず、はじめに油の性質について解説します。
一口に油といっても様々な種類があります。サラダ油、ごま油、オリーブ油、キャノーラ油、えごま油、グレープシード油・・・

 

油は常温では液体です。
しかし、常温で固体になる油が存在します。

 

常温で液体のものは、油 と書きます。
常温で固体のものは、脂 と書きます。

 

この違いはとても重要です。

 

当然、油の方が体には良いです。
脂は動物性のものです。この脂は血液をどろどろにします。

 

焼き肉のタレに残っている脂は、常温になると固まっていると思います。
脂は体内に入って固まってしまいます。

 

植物性の油であっても良い油と良くない油があります。
良くない油とは酸化しやすい油です。

 

例えば、サラダ油、ごま油、なたね油などです。これらの油はオメガ6系と呼ばれる油で酸化しやすい油です。

 

アトピーの人は特にこれらの油を控え、酸化に強いオメガ9系の油(オリーブ油、キャノーラ−油)に変更します。

 

料理の油だけでなく、ナッツ類を食べることで良質な油を吸収することができます。

 

植物性の油以外では、魚の油は良い成分を含んでいます。
魚の油にはEPAやDHAが多く含まれています。

 

EPAやDHAは肉の脂とは対称的で、血液をさらさらにしてくれます。

 

これらの成分が含まれている魚は、いわし、さば、あじ や 鮭、かつおなどの赤身の魚です。
これらの魚に特定のアレルギーが無い方は、摂取しても大丈夫です。

 

また、日本人が揚げ物を食べるようになったのは、江戸時代後半からのようです。
欧米人のオリーブオイルの文化は数千年前からと言われています。

 

日本人の脂質を分解する消化液を分泌している膵臓の機能は欧米人と比較して弱い傾向にあるようです。

 

アトピーに危険な油とは

 

次にアトピーの人に、とても危険な油の話しです。

 

先ほど、動物性の脂は血液をどろどろにするので、アトピーには良くないですよ という話をしました。
このことから、動物性のバターより植物性のマーガリンの方が体に良いと思います。
しかし、これは間違いです。

 

マーガリンはトランス脂肪酸という成分を含んでいます。
トランス脂肪酸は酸化しやすい植物油に、水素を添加して人工的に飽和脂肪酸の状態にしたものです。

 

トランス脂肪酸を含む脂はマーガリンの他にショートニングもあります。
ショートニングは、マーガリンから水分と添加物を除いて作られる油脂で、安価なパンや菓子・ケーキ・揚げ物などに使われています。

 

このマーガリン、ショートニングは植物性でありながら常温で固体なのは人工的に加工しているからです。

 

これらの脂は善玉コレステロールを減少させ悪玉コレステロールを増やします。

 

腸内環境を整えることがアトピー改善にとても重要であることは、他のページでも解説してきましたが、悪玉コレストロールを増やすこれらの脂はアトピーに厳禁です。

 

アトピーの人が使う油はオリーブオイル・グレープシードオイル・キャノーラ油などが良いでしょう。

 

また、スーパーで買い物をするときは、成分にショートニングが含まれていないものを購入するようにしましょう。

 

魚は脂質・カロリーが少ない上に、DHA・EPA・リノール酸・αリノレン酸・アラキドン酸などの良質な脂を多く含んでいますのでアトピー療養中はできるだけ肉をさけ、魚を食べるようにしましょう。

 

 

アトピーの治し方について私の考え方を記載した無料レポートとメルガマを発行しています。
以下より無料でご覧頂けます。↓こちらを今すぐクリック↓

無料レポートとメルガマはこちら








トップページ 治療の7ヶ条 失敗しないサプリ選び メルマガ登録はこちら 運営者のプロフィール お問い合わせ