アトピー性皮膚炎をビタミン・ミネラルで治す  アトピーの原因とステロイドに頼らない治療法、食事改善など

玄米は効果があるのか

「玄米はアトピーに効果的なのか?」 という疑問をお持ちの方も多いと思います。

 

アトピーの治し方を求める方の中には 「玄米菜食」 に行き着かれた方も多いと思います。

 

ここでは、私の経験から玄米についてお話したいと思います。

 

まずは玄米についての一般論からお話します。

 

お米は実った状態で 「もみ殻」 に包まれています。この 「もみ殻」 をとったものが玄米です。
そして、玄米から果皮・種皮の「ぬか」をとったものを胚芽米といいます。
さらに、胚芽米から胚芽をとったものが白米です。

 

お米の栄養素は、ぬか と 胚芽 に含まれています。
これらを取り除いた白米は玄米と比較してかなり栄養価が低くなっています。

 

玄米は発芽させるための「酵素」や「栄養素」が中に備わっているため、生命そのものです。

 

一方、白米は程よい甘味があり、見た目も綺麗で美味しいですが、栄養素は低く生命力は存在しません。
栄養のある部分を取り除いているため、残っているのは炭水化物であり、カロリーが高く血糖値や中性脂肪値をあげます。

 

さらに、白米は外皮を剥いているため、酸化しやすく傷みやすい欠点があります。

 

外皮が剥かれて美味しい部分のみを取り出しているため、食事を楽しむという観点からは良いのですが、栄養面ではメリットがありません。

 

お米と類似した種子類の食べ物にも同様なことが言えます。
例えば大豆、小麦、果物等です。これらの食べ物はお米同様に皮を剥いて食しますが、栄養部は皮の部分に存在しています。

 

「全体食」 という栄養の摂り方があります。
野菜や動物の命をまるごと頂くという方法です。美味しい部分のみ切り出して頂くのではなく、まるごと食べることで、タンパク質、炭水化物、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養分を全て摂取することができます。

 

できるだけ、自然界に存在している近い状態で摂取することが、栄養面からは有効です。

 

以上のように玄米は非常に栄養価が高く、健康食品としては非常に良いものです。

 

はじめて、玄米を食べる方は、食べづらいと感じる方は多いと思います。
(炊き方次第で美味しく出来ます。)
玄米は食べづらい分、よく噛んで食べなければ消化に負荷がかかります。

 

アトピーの肌を改善させるには、腸内環境と整える必要がありますが、消化に負荷がかかることは、逆行することになります。

 

また、玄米にはフィチン酸が含まれており、ミネラルの排出作用があります。そのため、折角ミネラルの多い食事をしていても、玄米により効果が薄れてしまいます。
(アトピーの肌を治すにはミネラルは必須の成分です。 → アトピーとミネラル
(玄米を洗い、一晩水に漬けておき、水を替えるとこの問題は減少します。)

 

以上のように、玄米には良い面と悪い面の2つを合わせもっています。

 

では、実際はどうなのでしょうか?

 

私は自宅では玄米または胚芽米を頂きます。
普段、私は自宅で肉料理を殆ど食べませんが、肉料理(魚料理)を食べる時は胚芽米です。

 

野菜中心の食事のときは、玄米を食べます。

 

肉と玄米は最悪の組み合わせです。 消化に高い負荷がかかります。

 

玄米は、タンパク質と一緒に食べてはいけません。玄米を食べる時は野菜中心とします。

 

このように書いていると、ベジタリアンと勘違いされます。但し、自宅の食事はベジタリアン中心が丁度良いくらいと思います。付き合いなどで必ず外食する機会がありますので、肉や魚はそのときに十分頂くことができます。ここまでは、健康的な人の場合のみ適用できる方法かと思います。

 

アトピーが出ている人は真似しないほうがよいです。特に炎症が出ている人は、玄米を控えるべきです。

 

玄米は解毒作用が強いため、食べるとアトピーが吹き出ます。
(タケノコも同様です。)

 

玄米は健康には良い食材ですが、アトピーの人が食べる際は注意が必要です。
アトピーに良いという情報も多いので、玄米をはじめる方は多いと思います。確かに栄養価は高く、健康には良いです。食物繊維も多く、腸内を綺麗にする働きもあります。玄米はとても良い食べ物です。

 

しかし、解毒作用が強い分、一気にアトピーが吹くことがあるというだけです。解毒が促進され、アトピーの治りは早くなるかもしれませんが、そのつらさに耐えることができる人は少ないと思いますので、療養中は控え、胚芽米レベルにしておくほうが良いでしょう。

 

 

アトピーの治し方について私の考え方を記載した無料レポートとメルガマを発行しています。
以下より無料でご覧頂けます。↓こちらを今すぐクリック↓

無料レポートとメルガマはこちら








トップページ 治療の7ヶ条 失敗しないサプリ選び メルマガ登録はこちら 運営者のプロフィール お問い合わせ