スキンケア方法

良い入浴方法

入浴により汗をかくことで体内に蓄積された毒素を排泄することができます。

 

また、入浴は皮膚を清潔に保つためにとても大切なことです。

 

そして、皮膚は清潔にしてからでなければステロイドや保湿を行っても意味がありません。

 

汗をかいたままにしておくと、ほこり・だに・花粉・菌などさまざまなものが皮脂膜につき刺激になります。

 

アトピーの肌は乾燥のアルカリ性に傾いています。

 

健康な人は弱酸性の肌で雑菌の侵入を防いでいますが、アトピーの方は雑菌に対して弱くなっています。

 

よってステロイドをぬったり、保湿するにあたって、汚れを落としてからでないと意味がありません。

 

 

 

ただし、石鹸でごしごし洗うと必要以上に体の表面の皮脂を取りすぎて痒みが出てきますので注意が必要です。

 

石鹸を使う場合は無添加、無香料のものを使います。

 

合成したものでなければそんなに高価なものでなくても大丈夫です。

 

そして洗い方ですが、石鹸を泡立て泡で包み込みやさしく手をなでるように洗います。

 

ナイロンタオルなどでごしごし洗ってはいけません。

 

タオルを使う場合は炎症のない部分のみにします。またナイロン製でなくコットンのタオルを使います。

 

 

ステロイドを使っていない人であれば石鹸を使わなくても湯船に浸かるだけで汚れは十分に落ちます。

 

私はよほど汚れない限り風呂場で体を洗いません。

 

基本は湯船に浸かるだけです。

 

湯船に浸かるだけで十分に汚れは落ちます。

 

なぜなら湯船につかると体には1トン近くの圧力がかかります。水圧により毛穴が開き、中から老廃物や重金属が排泄されます。

 

どんなに体を石鹸で綺麗に洗って入っても湯船に浸かると汚れが浮いてくるのはこのためです。

 

海水浴に行ったり、一日中外出したりすることでなければ、身体を石鹸を使って洗うことは殆どありませんが体臭もなく肌は綺麗です。

 

 

石けんで体を洗う習慣と皮膚病の増大は、医学的に相関関係が実証されています。

 

先ほども申し上げましたが人の皮膚は、弱酸性の皮膜に覆われ雑菌から守られています。

 

 

殆どの石鹸は、アルカリ性ですのでその石鹸で洗うと皮脂膜が剥がれてしまいます。
つまり、皮膚は無防備になってしまうのです 。

 

体は無防備になった皮膚を再生しようとして活発に組織を分泌し皮膚の修復をします。

 

皮膚の表面である角質層は28日周期で新しいものに入れ替わります。

 

毎日石鹸で洗うと周期が乱れ様々な皮膚病を発症しやすくなります。

 

そして皮膚は弱体化していき、その皮膚を修復しようとより濃い成分を分泌するようになり、体臭がきつくなっていきます。
皮膚が硬くなる皮膚病が多いといわれています。

 

アトピーの人が皆無だった国があると聞いたことがあるのですが、その国の人たちは体を洗わないそうです。確かヨーロッパの方だったと思います。

 

石鹸で洗う場合は角質を落とさないように手でやさしく洗う程度にしておきます。
また石鹸やタオルを使わなくても、10分程度お湯に浸かっていれば簡単に汚れは落ちます。

 

ステロイドを塗っている場合は、前に塗った脂分を落とすようにしてください。
残ったまま塗っても効かないようになる可能性があります。効かなければさらに強いステロイドが必要となり悪循環をおこします。

 

 

アトピーの治し方について私の考え方を記載した無料レポートとメルガマを発行しています。
以下より無料でご覧頂けます。↓こちらを今すぐクリック↓

無料レポートとメルガマはこちら








トップページ 治療の7ヶ条 失敗しないサプリ選び メルマガ登録はこちら 運営者のプロフィール お問い合わせ