スキンケア方法

シャンプーや石鹸に気をつける

アトピーであるあなたは、石鹸やシャンプーは何でも良いと思っていませんか?

 

石鹸やシャンプーを変えることでアトピーが治るとは思えないと思っていませんか?

 

もし、そのような考えを持っているのでしたらとても危険です。

 

アトピーの症状が酷い人は特にその違いが反応として現れます。

 

石鹸やシャンプーのみならず、洗濯に使う洗剤や食器洗いに使う洗剤も同様です。
アトピーの人はこれら全てに気をつける必要があります。

 

なぜなら、合成洗剤など化学物質の皮膚吸収はとても危険だからです。

 

特に合成洗剤に含まれる界面活性剤の毒性は、皮膚から直接血液に吸収されます。

 

界面活性剤とは水と油を混ぜ合わせるために使われる溶剤です。

 

合成洗剤のほかに化粧品やシャンプーでも使われており、大変安価に製造できるため市販のものに、多く使われています。界面活性剤はあぶら汚れを落とす力がとても強力なのです。そのため皮脂膜、角質層を破って体内に進入してきます。

 

細胞間脂質のセラミドや角質細胞間膜も破壊してしまうのです。

 

体内に侵入した界面活性剤は血管へ浸入し、肝臓に蓄積されます。合成界面活性剤を分解する酵素は人間に備わっていないので、肝臓に日々蓄積されていくのです。

 

そして肝臓障害をおこし、肝臓のミトコンドリアがおかされ機能が低下し白血球や赤血球を破壊します。
ウサギの皮膚への塗布実験では、皮膚に塗った界面活性剤のうち、0.53 %が血液中に侵入するという結果が出ています

 

また界面活性剤は残留性も高く、すすぎ程度では食器や衣服についたものは除去ができません。

 

食器に残ったものは食べ物について体内に吸収されます。
衣服に残った界面活性剤は汗などと一緒に皮膚からも吸収されます。

 

以上のことより洗剤、シャンプー、リンス、ボディーソープなどの日用品は界面活性剤の使われていないものに変えて頂いた方が良いことがお分かりいただけると思います。

 

購入時にラベルを確認して界面活性剤が使用されていないものを購入しましょう。

 

またそのほかに有毒性の高いものとしてプロピレングリコール(PG)・ラウリル硫酸ナトリウム・界面活性剤などは多くの製品に入っており有毒性も高いものです。

 

他、タール系色素・ジエタノールアミン(DEA)・トリエタノールアミン(TEA)や金属系の物質についても注意しておくと良いでしょう。

 

 

アトピーの治し方について私の考え方を記載した無料レポートとメルガマを発行しています。
以下より無料でご覧頂けます。↓こちらを今すぐクリック↓

無料レポートとメルガマはこちら








トップページ 治療の7ヶ条 失敗しないサプリ選び メルマガ登録はこちら 運営者のプロフィール お問い合わせ