治療の知識

オリゴ糖

オリゴ糖については、「アトピーと腸内環境の改善」で少し触れましたが、腸内の善玉菌を増やすのに効果があります。摂取したオリゴ糖は、消化吸収されずに腸に達し善玉菌の餌となります。

 

オリゴ糖と同様に乳酸菌も腸内環境を整えるのに効果的ですが、通常の乳酸菌は酸に弱いため胃液で死滅します。また、ヨーグルトはカゼインという強力なアレルゲンとなる物質が含まれているのでお薦めできません。

 

オリゴ糖は、消化されにくく体内に取り込まれるのは半分程度と言われている糖なので、おすすめできる甘味料です。また、体内に吸収されにくいため、カロリーを気にする必要があまりありません。オリゴ糖のカロリーは、その種類にもよりますが、1gあたり2kcal以下であり、砂糖の半分以下です。砂糖は体への吸収が早く、かゆみの原因であるヒスタミンの発生に影響するので避けるように他でも説明しましたが、砂糖の代わりにオリゴ糖を使うのも良いでしょう。

 

オリゴ糖の種類には、

 

・フラクトオリゴ糖
・キシロオリゴ糖
・大豆オリゴ糖
・ガラクトオリゴ糖
・イソマルトオリゴ糖
・乳果オリゴ糖
・ラフィノース

 

などがあります。

 

それぞれのオリゴ糖が含まれる食材は以下のとおりです。

 

・フラクトオリゴ糖
 玉ねぎ、ごぼう、にんにく、バナナ、アスパラガス、はちみつ

 

・キシロオリゴ糖
 たけのこ、とうもろこし

 

・大豆オリゴ糖
 大豆

 

・ガラクトオリゴ糖
 母乳、ヨーグルト

 

・イソマルトオリゴ糖
 清酒、蜂蜜、麹汁、ビール

 

・乳果オリゴ糖
 ヨーグルト

 

・ラフィノース
 ビート糖蜜(砂糖大根)

 

 

フラクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、乳果オリゴ糖、ラフィノース、キシロオリゴ糖は腸を整える作用が強いようです。また大豆オリゴ糖はアトピーに効果があったという研究結果も報告されています。

 

以上、オリゴ糖について解説してきましたが、オリゴ糖が良いからと直ぐにそのような製品に手を出すのではなく、きちんとアトピーに対する知識を増やす必要があります。

 

オリゴ糖は、腸内に良い影響を与えるということに否定はしませんが、あえてそのような単独の製品を使うのではなく、食事の改善をベースにして頂くのが最も効果的です。

 

また、オリゴ糖は腸内の善玉菌の餌となり、善玉菌を増やす効果が期待できますが、有害なものを排泄する効果は食物繊維がもっています。食物繊維が含まれる生きた食べ物を食べるようにしてください。

 

また、腸内細菌は人によって様々ですので、オリゴ糖を摂取したから腸内環境が整うと期待しすぎないことです。私はオリゴ糖については砂糖の代わりに使う程度にとどめておくレベルだと思っています。

 

 

アトピーの治し方について私の考え方を記載した無料レポートとメルガマを発行しています。
以下より無料でご覧頂けます。↓こちらを今すぐクリック↓

無料レポートとメルガマはこちら








トップページ 治療の7ヶ条 失敗しないサプリ選び メルマガ登録はこちら 運営者のプロフィール お問い合わせ