治療の知識

アトピーの治る過程

アトピーの治療を進めていると、アトピーの治る過程がどのようになるのかとても気になると思います。

 

アトピーは、治る過程の中で、何度か悪化することがあります。
悪化するのは当然なのですが、悪化したから自分が行っている治療法は良くなかったのだと早期に間違った判断をしてしまします。

 

悪化するのは当然です。なぜなら、アトピーの原因は、体内に毒素が蓄積されているからです。
その毒素を排泄(デトックス)する過程で皮膚が反応して悪化するからです。

 

この時期が最も不安になるときです。
見た目の症状に気持ちが負けて、脱ステロイドを諦める方も多いと思います。

 

この悪化ですが、実は悪化ではなく好転反応なのです。
ではなぜ、このような好転反応が発生するのかというと、体内の血流が改善されることにより、自然治癒力が向上します。

 

自然治癒力の向上により、これまで体内に蓄積してきた毒素の排泄が活性化されるからです。活性化されるのは良いことです。体内の不要物が早く外にでることで治りが早くなります。

 

従って、好転反応はアトピーを克服する上での通過点であり、悪化ではないということです。

 

正しく改善に取り組まれているのであれば、悪化にはなりません。身体の中は確実に変化しています。

 

ステロイドや飲み薬などを使って治療している状態で悪化したのであれば、それは悪化です。薬はある意味で毒です。最終的には体外に出さなければなりません。

 

体内に蓄積された不要物を体外に排泄することがアトピーを克服する秘訣です。

 

アトピーが治る過程

 

アトピーは治る過程で良くなったり悪くなったりを繰り返しながら症状が沈静化します。

 

今までアトピーが出ていなかった所にも出ることがあります。

 

悪いものが出てしまえば、肌は元の肌を取り戻すことができます。

 

正しく改善にあたっていると、ちょうど1ヶ月くらい経つ頃に体質が変わってきて今までアトピーが出ていないところにも出てくることがあります。

 

体の悪いものが体外に排出されているからであり、決して悪化しているわけではありません。
自然治癒力が活発に働いているからです。

 

ピークを超えると、よくなったり悪くなったりを繰り返しながら改善していきます。

 

一般的にアトピーが治る過程では皮膚は何度も脱皮を繰り返します。

 

そしてカサカサに乾燥して粉を吹いたり、炎症が酷くなり、じゅくじゅくしたりの繰り返しです。

 

最後は鳥肌のようになり治っていく傾向にあります。

 

最後は急激に改善が見られますので嬉しい瞬間となります。

 

 

アトピーの治し方について私の考え方を記載した無料レポートとメルガマを発行しています。
以下より無料でご覧頂けます。↓こちらを今すぐクリック↓

無料レポートとメルガマはこちら








トップページ 治療の7ヶ条 失敗しないサプリ選び メルマガ登録はこちら 運営者のプロフィール お問い合わせ