治療の知識

アトピーにおすすめの朝食

アトピーを治す食生活の原則は、肉や魚などのタンパク質を可能な限り避け、野菜や果物などビタミンやミネラルが豊富に含まれるものを中心とした食生活に切り替えることです。

 

朝は体が毒素を排泄するためにエネルギーを使う時間帯であるため、
消化にエネルギーを使わぬように、消化の良い食事を心がけます。

 

中国の朝食は「おかゆ」からはじまります。

 

日本の「おかゆ」とは少し異なり、かなり煮込んでいるため米粒の原形が全く見られません。消化に良く、一緒に煮込む材料次第で栄養価もバランスよく摂取できます。

 

朝食に「おかゆ」も良いですが、「おかゆ」と同様に消化の負荷が低い食べ物として「果物」があります。

 

私の毎朝は果物からスタートします。

 

季節の果物を食べるようにしています。

 

その時の気分により、果物をジューサーにかけてジュースにして飲んだり、
果物と野菜を入れたスムージーをミキサーで作って飲みます。

 

 

外食が続くときなどは、良質なビタミンやミネラルが不足するのでサプリメントと一緒に飲みます。

 

果物や野菜からジュースを作るのは手間がかかるので、果物だけであればそのまま食べても問題ありません。

 

なぜなら、果物は人間にとって既に消化済みの食べ物だからです。
果物は熟した段階で消化済みの状態となっているのです。

 

摂取した果物は胃の中で20分ほどとどまりますが、
独自の消化酵素を持っており、消化に負荷がかかりません。

 

従って、果物は朝食に食べるのに適した食べ物です。

 

間違っても食後には食べてはなりません。

 

さらに詳しい内容はメルマガでご紹介していますので、
興味のある方は下記よりご登録ください。

 

無料レポートとメルガマはこちら








トップページ 治療の7ヶ条 失敗しないサプリ選び メルマガ登録はこちら 運営者のプロフィール お問い合わせ